「さらば談話室滝沢」という同人誌
(販売は終了しています)

(クリックすると大きな画像と『開田無法地帯』のご紹介のページへ)

階段を降りていくと、笑顔が待っていた
都会の雑踏の中に明らかに質の違う、その空間
オーダーして飲み物が運ばれて来る
その後は何時間でも
   「放っておいてくれた」
ここでは話し声や音はBGMにしか聞こえない
客も又居心地のよい空間を共につくっている

1000円の代金。人によっては様々だろう
「もう一度ここへ」
その時間はもう来ない...

談話室「滝沢」オリジナル 
深むし煎茶の販売しております→

談話室「滝沢」バーチャル→

2代目のおもいで→

談話室「滝沢」ギャラリー→

 

←ホームに戻る